スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FAQ(よくある質問)

.15 2010 詩篇 comment(3) trackback(0)


質問:


世の中にある<物語>の99%は、白人の男たちに向けて書かれた物語だ。その物語を<女>が、あるいは<アジア人>が読むということはどういうことか。それは、どうしたって、<白人の男のために世界は在るという物語>を補強してしまうということだ。では、女は、あるいはアジア人は、それに抗うには、どうすればいいのか。無垢な<男の子>になったつもりで物語を読んでみようか。物語を書き直してみようか。そして一瞬の夢でいいから、窓から身を投げだして、<青い鳥>を捉える身ぶりをしてみようか。あとで看護婦に叱られるかもしれないけれど。だって素敵な冒険になりそうじゃないか。できればその<青い鳥>の背中に乗って、空っぽの<蒼い空>の向こうに飛翔してしまいたいよね。そうだろ?




解答:


私はむしろ、男でもなく、女でもなく、少年でもなく、少女でもなく、<マイケル・ジャクソン>として本を読み、物語を読み、世界を解読してみることをお勧めします。





0759.jpg





註釈:白人にとって黒人とはいわば<自然>の保証保険だ。文明化されすぎたと感じると白人は黒人のほうを向き、<自然>の恵みをいただくというわけさ、と語った黒人の思想家がいましたが、では白人にとってのアジア人とは、さしずめ<無意識>の保証保険なのでしょうか。合理化されすぎたと感じたら、白人はアジア人のほうを向いて、<不条理>の美酒を味わうのでしょうか。

付記:ここで書いている物語というのは『』付きの物語、つまり、『資本主義』に代表されるような西欧によって組みあげられた世界の仕組みを<物語>と称してみたのです。しかし、それならそうで、ちょっと説明不足だったかもしれませんし、99%というのも誇張が過ぎましたね。そもそもぼくが書いているものは無知なる者(ぼくのことですが)が生きているうちに脳髄の底からこみあげてくる曖昧模糊とした沼気のようなものがほとんどでして。まあ、いわば道化の所作とでもお考えいただければ幸いです。

付記:ミシェル・ウエルベック曰く、「マイケルは白人でも黒人でもなく、老人でも若者でもなく、男でも女でさえない。人類の究極形の先駆者だ」。

comment

ashzashwash
だからマイケルは白人たちの罠に嵌まり遂には緩慢な自殺行為という手段で殺されたんですね。
2010.04.15 21:43
forgetful_cat
少女の捏造した妖精を
信じて疑わなかったコナン・ドイル
言語を探求し
ついに言葉を発する事が出来なくなったソシュール
物語にのめり込んで
そこから脱出出来なかった先人の亡骸を踏み締めて
今日もまた、新しい物語が生まれる


2010.04.16 18:47
ashzashwash
新しい物語が楽しげに囀っている場所はいったい何処にあるのでしょうか。純白であるはずの其の場所へと辿り着く日はほんとうに来るのでしょうか。
2010.04.16 20:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ashzashwash.blog120.fc2.com/tb.php/23-c3eb4b8b

プロフィール

ashzashwash

Author:ashzashwash
桑原義江。男性。Ash。あるいはy<kと名乗った事もある。あるジャズ・レーベルのマネジメント・オフィスに勤務。その傍ら知人の紹介で、ファッションビルの広告媒体や某音楽系出版社の女性雑誌にアート関係の記事を書かせて頂き、その稿料で貧困生活を糊塗する日々が続く。或る日の朝、出勤のため恵比寿の坂道を下っている時に何もかもが嫌になり、地下鉄丸の内線日比谷駅のホームのベンチに蒼白な顔色で座っている姿を学生時代からの友人が見かけたのを最後に、東京23区内から失踪。赤坂のオフィスのデスクの上に残された遺留品は、デルヴォーの画集、カランダッシュの青いボールペン、それからビル・ラズウェルのライブのデモテープ、以上の三点であった。その後、アムステルダムの娼婦街でよく似た横顔の女衒を見かけたという報道もあったが、本人が非公式に否定。現在に至る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。