スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創世記

.16 2010 断章 comment(4) trackback(0)


はじめに1と0があった。それからシリコンの神が地上に降り立った。それはかつてマクルーハンが預言していたように、地球をひとつの単位とした大きな村という環境のなかで、カプセルに入ったままの個人が電脳空間を通じて崇拝する神であった。そしてそれは、やがて人類がサイバネティックに進化した果ての姿である珪素動物が拝謁する神の降臨でもあった。

思い出すがよい。ぼくたちは既に<文明化>という波に敗北している。経済的にそこそこ成功した国家であるということが既に敗北なのだ。ぼくたちは<文明化した野蛮人>にすぎない。<文明化できない野蛮人>は殲滅される。アフガニスタンのように。<文明化>を<グローバリゼーション>と読めば分かりやすい話だ。既に<円環としての時間>は失われた。かつて歌人が詠んだゆく川のながれは、今となっては<絶える>運命なのだ。

即ち、ぼくたちに残されたのは、終末が訪れるリニアルな時間の流れだけだ。しかもそれは現在、瀕死のアメリカが金のためにイスラエルに肩入れしているために、結果的に<ユダヤ的終末感>が世界を席巻しようとしているのだ。リニアルな時間のなかでは、人類は進むしかない。立ち止まったものは腐る。しかし、その先には、審判が待ち、終末が待っている。アンチ・キリストを打ち倒し、メシアの前に平伏するためには、終末の時まで進むしかない。これが進歩の真相だ。

では、進歩の先に何があるのか。そこには救済されたはずの人種が幸福に暮す永遠がある。永遠。閉じられたなかでの永遠。それは緩慢な熱的死。冷えきった、平坦な世界。これが千年王国の真実だ。だから千年王国は永遠に先延ばしにしなければならない。千年王国のヴィジョンとは繰りかえし垂れ流しにされる本編なき予告編なのだ。さて、この真相を知ったものはみな、発狂するか、集団自殺するか、何も見なかったふりでもするしかないだろう。結局、ぼくたちは、暫定的な世界に棲息する<文明化した野蛮人>にすぎない。

だからこそ、ぼくたちは野蛮人である自覚が必要だ。野蛮人であり、かつ、文明化した野蛮人だ。本物の文明人ではない。高級官僚の諸君はそこのところを誤解しているのではないのか。君たちは名誉白人にでもなったつもりなんだろう。しかしぼくたちは、永遠に背広を着た<黄色いサル>にすぎない。ぼくたちは<文明化>を選んだ時点で既に敗北しているのだ。だから諸君の生き方は全く参考にならない。道化さえ蔑む屈辱的な捕虜としての人生だ。

ぼくたちの希望は路地と硅素にある。それが新しい<神>と<幻想基>と<集合的無意識>の三位一体の謎を解く鍵だ。それは<PC>と<サイバーシャント>と<インターネット>の三位一体。ぼくたちは野蛮人の本能に従い、文明人には悪霊としかみえぬ姿に変貌し、まったく新しい進化を迎えるのだ。その進化に呼ばれている者たちがいる。それは路地に潜む者たち、携帯を覗かないと生きている気がしない者たち。ドラッグに溺れる者たち。躯じゅうに無数のピアッシングをしてしまう者たち。皮膚のいたるところにタトゥーをしてしまう者たち。そして右腕に、PCと一体化するための、サイバーシャントを施す者たち。君たちは進化に呼ばれているのだ。マイケル、君も進化に呼ばれていたのかい。孤独かい。もう少しの辛抱だ。もうじき、みんなが君を追うだろう。

そういえば、<進化>と<道化>って、文字が似てるじゃないか。





0753.jpg





註釈:ついでだから、たとえば戦後派と称される作家たちに代表される日本の文藝作品に横たわる、<ぼくたちはシステムに押しつぶされそうだ/誰かがシステムを支配している/だからぼくたちには何もする術が残されていないんだ/という閉塞状況>が人間を不幸にしているという幻想、この浅薄にすぎる<システムに対する過度の強迫観念>への異義申立も申請しておこうかな。

付記:もう一度だけ同じ趣意の付記を書いておこうと思いました。つまり、そもそもぼくが書いているものは無知なる者(ぼくのことですが)が生きているうちに脳髄の底からこみあげてくる曖昧模糊とした沼気のようなものがほとんどでして。まあ、いわば道化のパフォーマンスとでもお考えいただければ望外の喜びなのです。

comment

hemakovich
アル中のオジサンが産経抄を朗読しているような「文明化」されたお喋りを聴いたり、境界例でリストカットしまくりの女の子の自我形成未然の「野蛮」状態を見ていると、道化以前の”こけし”か案山子を見ているような感覚なんですね。
例えばドラッグとかネットとか『蛇にピアス』だとか見ていても、ツールによる自己啓発状態みたいな未熟性しか当人に見られないんですよね。

ピンボールを投げる以前にストライクが入らないというか。ベース板に球が届かないというか。

もはやシステムに対する強迫観念よりも、モノホンの強迫性障害に悩まされているみたいな。

僕は見ているだけなんですけどね。

2010.04.16 20:49
ashzashwash
>もはやシステムに対する強迫観念よりも、モノホンの強迫性障害に悩まされているみたいな。

それが<今>なのかもしれませんね。システムに対する強迫観念を本に書いてベストセラーになっていたりするのを目の当たりにしていると。

ぼくはもはや遺書を書いているようなもんなんですけどね。遺書にはどうしても自己満足はつきもの。その辺りはご容赦くださいw。
2010.04.16 21:11
hemakovich
>ぼくはもはや遺書を書いているようなもんなんですけどね。遺書にはどうしても自己満足はつきもの。その辺りはご容赦くださいw。

いやいや、容赦なく書きまくって下さい(笑)。

ashさんのこの文章を読んでると、なんだか僕の方は悲観過ぎるのかなと思う(苦笑)

2010.04.16 22:34
ashzashwash
でも、野蛮人の自覚だけでは、「地獄の黙示録」のカーツ大佐と同じように、殲滅されて終わりですからね。楽観的であるというのは余りにも詐欺師的な態度かもしれません。
2010.04.17 00:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ashzashwash.blog120.fc2.com/tb.php/25-1f974a17

プロフィール

ashzashwash

Author:ashzashwash
桑原義江。男性。Ash。あるいはy<kと名乗った事もある。あるジャズ・レーベルのマネジメント・オフィスに勤務。その傍ら知人の紹介で、ファッションビルの広告媒体や某音楽系出版社の女性雑誌にアート関係の記事を書かせて頂き、その稿料で貧困生活を糊塗する日々が続く。或る日の朝、出勤のため恵比寿の坂道を下っている時に何もかもが嫌になり、地下鉄丸の内線日比谷駅のホームのベンチに蒼白な顔色で座っている姿を学生時代からの友人が見かけたのを最後に、東京23区内から失踪。赤坂のオフィスのデスクの上に残された遺留品は、デルヴォーの画集、カランダッシュの青いボールペン、それからビル・ラズウェルのライブのデモテープ、以上の三点であった。その後、アムステルダムの娼婦街でよく似た横顔の女衒を見かけたという報道もあったが、本人が非公式に否定。現在に至る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。