スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある廃虚の庭園にて

.24 2010 詩篇 comment(4) trackback(0)


ユニコーンが廃虚を彷徨っているという噂を

差益還元の旅路の果てに

今日も昼間から蹂躙亭で飲んだくれている

失意の皇帝の、私的な密使から聴きつけて

この荒れはてた庭園までやってきたが

どうやら此処にはユニコーンは居ないようだ。

またしても徒労に終わったのか。

私は弓につがえた矢を外して

深いためいきをついた。





far.jpg





リリス、リリス。やはりきみはリリス。変心のわけが何であっても、ぼくの心はちりじりになり、音もなく闇に落ちていくだけだが、それにしても、アララトの山上の湖水に映るきみのほんとうの姿、一頭のユニコーンの影を垣間みることができただけでも、ぼくにとっては密かな慰めなのだ。リリス、リリス。やはりきみはリリス。ユニコーンの姿に戻る前に、ひとつだけお願いがある。龍が飛んでいたはずの森へつながる、あの魔法の小屋の鍵をぼくに貸しておくれ。
そして、きみはいつの日か、アララトの山上の忘れられた湖の水辺で、水面におのれの姿、一匹のユニコーンを発見し、たちまち自分だけしか見えなくなるだろう。
そのとき、大昔にきみに捨てられたぼくは、楽園からも箱船からも地上からも追放された老いさらばえたアダムとなっているのだが、かつて、リリスに愛でられた愉悦を忘れずにいるので、自分だけしか見えなくなったリリスを迎えにいくだろう。
そして、身動きもせず霊的な愛に耽っているきみの世話をしながら、孤独からは遠く離れた安らかな死を迎えるのだ。

comment

forgetful_cat
ガセネタに振り回された射手が廃墟で消沈している頃

セイレーンの歌声に惑わされて

気狂いしたのだと主張し続け

胴元に稼ぎの上前をハネられまいと漁師は必死の形相で

家で待っている飢えた女房と十二人の子供の事よりも

娼館で待っている馴染みの女の顔を思い浮かべていた。

実はその娼婦こそが

本物のセイレーンだとは夢にも思わずに。

2010.05.25 22:16
ashzashwash
どうやら、forgetful_catさんの語句のほうが、ぼくのものよりも文学的ですね。いずれにしてもユニコーンとセイレーンで対になれたので、いつか同じ紙の上で文字を組んでみましょう。

あと、書き散らしていたリリスの部分が整理できたので、写真の下に付け加えておきました。
2010.05.26 16:39
forgetful_cat
ファム・ファタルに魅入られた男は幸福かもしれない。
心も躯も、その女に充満され、現の入り込む隙間すら無いから。

ファム・ファタルは何故、ファム・ファタルなのか。
その実は虚無だから。
誰にも所有されず、彼女自身その身の保有者では無いから。

他者の幻想に彩られた虚ろを埋める為に女は男を貪る。
そこに刹那の快楽は有っても満ち足りた幸福は無い。
2010.05.26 18:16
ashzashwsh
そういう雰囲気を描いて右に出る者がいないのが、やはりフランソワ・トリュフォーでしょうね。物語が破綻してでもムードを選ぶような初期の作風が圧倒的でした。
では、次は映画のなかのファム・ファタルについて少し書いてみたいと思います。といってもぼくの事ですから、難しい話ではなく女優の話です。
2010.05.26 18:25

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ashzashwash.blog120.fc2.com/tb.php/38-f5155c87

プロフィール

ashzashwash

Author:ashzashwash
桑原義江。男性。Ash。あるいはy<kと名乗った事もある。あるジャズ・レーベルのマネジメント・オフィスに勤務。その傍ら知人の紹介で、ファッションビルの広告媒体や某音楽系出版社の女性雑誌にアート関係の記事を書かせて頂き、その稿料で貧困生活を糊塗する日々が続く。或る日の朝、出勤のため恵比寿の坂道を下っている時に何もかもが嫌になり、地下鉄丸の内線日比谷駅のホームのベンチに蒼白な顔色で座っている姿を学生時代からの友人が見かけたのを最後に、東京23区内から失踪。赤坂のオフィスのデスクの上に残された遺留品は、デルヴォーの画集、カランダッシュの青いボールペン、それからビル・ラズウェルのライブのデモテープ、以上の三点であった。その後、アムステルダムの娼婦街でよく似た横顔の女衒を見かけたという報道もあったが、本人が非公式に否定。現在に至る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。