スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジャーニの架空の死に涙する愚かなるわが魂

.27 2010 女優 comment(1) trackback(0)


クロード・ミレール監督の手になる『死への逃避行』という映画を観ながら思ったのだが、イザベル・アジャーニという貧相な女優の、どこか思わせぶりで不器用な演技をまのあたりにしながら、そんな彼女の彼女らしい不器用さのすべてに感動してしまったことを告白しておきたいのだが、ようするに感動したってことは惚れたってことよ、とでも口にするしかないだろう。

たとえば、やはりアジャーニが登場する『サブウェイ』という映画を思いだしてみる。すると、なんということか、リュック・ベンソンによる世間を小馬鹿にしたような法螺話と、生きた映画史とでもいうべきアレキサンドル・ドローネの手になる卓越した映画美術を堪能したあと、「あの下手な女優さえいなけりゃいい映画なんだけどね」などと舌打ちした過去を思いだし、ああ、これではアジャーニにいさぎよく謝罪でもするしかないのであるが、してみると、フランソワ・トリュフォーによる『アデルの恋の物語』をただひとつの例外として、ぼくを感動させることにはさほどの成功をおさめてこなかったアジャーニのはずであったが、『死への逃避行』のヒロインである連続殺人犯カトリーヌに扮した彼女ときたら、切なくていたたまれない感情で、ぼくの心臓をわしづかみにしてしまったというわけだ。

この意外な展開の真相をあかせば、クロード・ミレール監督による、いかにもフランス人らしいリズム感の欠如を補うかのように、観る者をせきたててやまぬ性急な演出なくしてはあり得なかった感動に違いない。では、そのクロード・ミレールとはどういう人物なのか。

彼の経歴をひもとけば、どうやらヌーヴェル・ヴァーグ運動はなやかし1960年代後半、ゴダールやトリュフォーの映画のスタッフとして名を連ねた後に、1970年代にはいってから映画監督へと身を転じたらしい男なのだが、確かに、この『死への逃避行』においても、三文雑誌の占星術に操られるように旅をつづけ、名前を換え、殺人をくりかえす山羊座のヒロインには、やはりコミック・ストリップの主人公の犯罪を模倣しつづけた、あの『気狂いピエロ』のベルモンドのイメージがあからさまに透けて見えるし、また、同じく『気狂いピエロ』のヒロインであるアンナ・カリーナにいたっては、ヒロインを演じようなどとは一切せず、むしろ積極的に自分自身を演じることで、まるでアンナ・カリーナのプライベ?ト・フィルムのなかで逃走劇が行われているかのような新鮮な目眩を観客に与えたのであったが、この『死への逃避行』におけるアジャーニの魅力もまた、現実の人気女優と虚構のヒロインとの境界をあえて曖昧にしたままの、危ういともいえる演出に負うところが大きいわけで、ここまで書けばクロード・ミレールの映画がどういうものかある程度は想像していただけるであろうし、あとは蛇足とでもいうしかあるまい。

つまり話は昔ながらのフィルム・ノワール。悪女が男をハンティングする物語。映画はそのような期待に対してあからさまに応えていく。まずは探偵が登場し、様々なカメラを使いこなし、観るということのプロとしてアジャーニを追うはめに陥る。そんな探偵の前で、鮮やかな映画的運動をつづけるアジャーニには、探偵とともに観客も思わず溜息をつくしかない魅力が存在している。いずれにしてもこの瞬間、探偵の視線と、観客の視線は見事に交錯し、探偵とともに、観客はしだいにアジャーニに魅了されていき、アジャーニをひたすら見守るだけの木偶の坊と化してしまった己を自嘲することになる。そして、同様の木偶の坊である探偵は、忠実に木偶の坊としての任務を果たし、時には、アジャーニの大胆すぎる犯行の後始末さえしながら、ブリュッセル、ニース、バーデン・バーデン、ロ?マ、ビアリッツ、シャルヴィルへと追跡をつづける。しかし、実のところは、ここまでのアジャーニはあいかわらず美貌だけが取り柄の着せ買え人形のままであるのだから恐れ入った話で、実際のところ、ぼくは彼女の着せ買え人形ぶりに魅せられているにすぎないのかもしれない、そんな考えが脳裏をかすめた次の瞬間、嘘のうえに嘘を塗りつけながら男どもを振りまわす、美貌のファムファタールを演じているはずのアジャーニの仮面にヒビがはいりはじめる。

ここから、物語は急速にアジャーニの素顔ともいうべき神経症の皇女めいた無防備な求心力に巻きこまれ、意外な感動を用意して観客を待ちうけていたのだが、それはすなわち、はじめて愛した男のまえで父の死の真相を語りながら、悪女の仮面を外しはじめたヒロインを演じるアジャーニであり、それはすなわち、やがて追いつめられ、ただの田舎娘という素顔を暴露してしまうヒロインを演じるアジャーニであり、それはすなわち、この先に演じるべき何者も存在しないことに気づいて死を決意するヒロインを演じるアジャーニであるのだが、ここでのアジャーニは、死への予感がオーラのように頬を染めあげ、かつてトリュフォーがこよなく愛したという、子鹿のように臆病で、山猫のように高慢な瞳を取りもどしており、そして遂には、アジャーニが不器用に演じきったヒロインの死に涙する観客を、少なくともひとりは獲得することに成功したのだ。





0695.jpg





参考資料:死への逃避行


comment

forgetful_cat
視姦される事を厭わない。
むしろ、愉悦をすら覚えているのではないか。
と、観客を惑わす存在。
女優。
いくつもの仮面を使い分ける為には
素顔がある筈だと思わせながら
その素顔はスキャンダルに任せて
巧みに隠す。

「ブラウン管に向かって私を涙させた唯一の女優」
と、トリュフォーに告白させたイザベル・アジャーニ。
「ポゼッション」では、貞淑であった筈が魂を侵され、そして徐々に壊れ
遂には、北斎がかつて描いた喜能会之故真通の「蛸と海女」の様に
陶然とクリーチャーと絡む女に成り済まし
「カミーユ・クローデル」では、自らプロデュースを買って出て
恋愛に燃え狂気の果てに行き着いてしまった女の業をえぐり出した。
「王妃マルゴ」では、時代と宗教、性差別やヒエラルキーに翻弄される
悲しみの女の姿を絢爛な衣装に包まれながら鮮やかな浮き彫りに。

美貌は与えられた物に過ぎない。
それを自覚し、活かす事を才能と云う。
それが出来ない者は人生の破綻を招きかねない
厄介な賜物で有る事は周知の事実。
淡く青い大きな瞳と陶器の様に白い肌とブルネットの女。
もし、彼女が女優でなかったとしても
人目を奪い、平凡な人生は送れなかっただろう。
けれど、彼女が人間の誰しもが持つ狂気を
そして更に彼女自身に与えられた悩ましい賜物である美貌を
女優という仮面を被る事によって制御し、利用し
他者を騙す事によって自我の安定を計っているとしたら。

女優。
この不可思議な生き物に騙され続ける私達は愚かなのか
誰かを騙し続けないと生きてゆけない彼女達は哀れなのか
答えの無い謎謎をカタカタと呟きながら映写機は永遠に回り続ける。
2010.06.10 05:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ashzashwash.blog120.fc2.com/tb.php/39-93333057

プロフィール

ashzashwash

Author:ashzashwash
桑原義江。男性。Ash。あるいはy<kと名乗った事もある。あるジャズ・レーベルのマネジメント・オフィスに勤務。その傍ら知人の紹介で、ファッションビルの広告媒体や某音楽系出版社の女性雑誌にアート関係の記事を書かせて頂き、その稿料で貧困生活を糊塗する日々が続く。或る日の朝、出勤のため恵比寿の坂道を下っている時に何もかもが嫌になり、地下鉄丸の内線日比谷駅のホームのベンチに蒼白な顔色で座っている姿を学生時代からの友人が見かけたのを最後に、東京23区内から失踪。赤坂のオフィスのデスクの上に残された遺留品は、デルヴォーの画集、カランダッシュの青いボールペン、それからビル・ラズウェルのライブのデモテープ、以上の三点であった。その後、アムステルダムの娼婦街でよく似た横顔の女衒を見かけたという報道もあったが、本人が非公式に否定。現在に至る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。